twitter
facebook
RSS
アツイね!
いいね7

歯周ポケット 新井一徳

チャレンジャー: 新井一徳
目標 :一人でも多くの人に健康な歯を(最初のページから読む

前回お伝えした「歯周組織」

その中の「歯肉」について触れていきます。

まず「歯肉」には部位により異なる3つの名称があります。

  • 乳頭歯肉
  • 付着歯肉
  • 遊離歯肉

乳頭歯肉

歯と歯の間の歯肉。
炎症を起こすと、腫れると同時に、正常時の健康的なピンク色から、やや赤黒い色に変化します。
また、炎症を繰り返す事で、歯肉が退縮し(歯茎が痩せると)歯と歯の隙間が目立ってきます。

付着歯肉

前回お伝えした「歯槽骨」(歯を支えている骨)にピタっとくっついていて動かない歯肉です。

遊離歯肉

歯頚部(歯の首元にあたる部分)の周囲に存在する歯肉。

といっても、いまいちピンとこないですね。

ネック部分が、ややゆるめで余裕のあるタートルネックをイメージしてください。
首元を覆う部分が「遊離歯肉」、体にピタっとついてる部分が「付着歯肉」といったところでしょうか。

普段耳にする「歯周ポケット」というのは、「遊離歯肉」の上縁から、「付着歯肉」の開始点までを言います。この「ミゾ」の事を「歯肉溝:シニクコウ」とも呼びます。※ここでの、組織学的付着機構の説明は省きます。

口腔内の清掃不良に応じて、歯周ポケットを深くしてしまう原因を2つ挙げます。

(1)遊離歯肉が腫れる(腫れた分、健康時より、上縁の位置が高くなる)

実際には起こりませんが、タートルネックのネック部分が顎の方に伸び、首元を覆う範囲が長くなるイメージ。
※実際にはポケットの底が深くなっている訳ではないですが、上縁が高くなるためにポケットの深さ自体は深くなるので、これを「仮性ポケット」と呼びます。

(2)ポケット底部に達した細菌による影響で、付着歯肉の構造が壊され、ピタっと付いてる部分が、より下の位置に落ちてしまう。

先ほどの衣類の例えで言うと、首元以降はピタっとしてるはずなのに、それが胸元まで、のびてゆるくなってしまってる状態。

その場合、うっかり食べ物の一部が、ゆるくなったネック部に落ちてしまって、胸元あたりまで下に落ちてしまったら、取り出すのはなかなか面倒ですよね。

歯周ポケットも同じです。洋服のようにパタパタして、首元から入ってしまった汚れを下から出せればいいですが、歯茎ではそうはいきません。

ポケットが深くなれば、セルフケアでは物理的にお掃除は行き届かなくなり、取り除けない汚れのせいで歯周組織の炎症は悪化してしまいます。

1ページ 2ページ


この記事を書いた人

新井 一徳

昭和60年 12月7日 群馬出身。日本大学松戸歯学部卒業(24歳)

関連記事

新着記事

佐藤大和がエンタメを斬る!

ピックアップ

記事検索

SPインタビュー

記事ランキング

新着記事

トップへ