twitter
facebook
RSS
アツイね!
いいね13

歯と歯茎の境の磨き方 新井一徳

チャレンジャー: 新井一徳
目標 :一人でも多くの人に健康な歯を(最初のページから読む

さて、先ほどのお掃除後の写真に戻りますが、

普段から汚れが付いてる部分は炎症を起こすので、ちょっとしたブラシ圧でも出血する事があります。(ブラシを当てる力については、改めて記事を設けます。)

写真でなんとなく当てる角度のイメージは湧くと思いますが、肝心な部分が隠れてしまっているので、こちらの写真をご覧ください。

どうでしょうか。
今までお伝えしてきた「大事な部分」だけが当たっていません。

でもブラシの毛先は歯茎にも触れているので、ちゃんと歯と歯茎の間を磨けている気がするかもしれません。

せっかく「歯ブラシを斜めに!」と頑張って磨いているのに、これではもったいないです。

そこで、こちらをご覧ください。

もともと、歯ブラシ自体が小さいものですが、その中でも磨く対象部位によって、ブラシの使う部分を使い分けてあげて下さい。

このような形で、部位ごとの磨き方を掲載していきます。
ブラッシングの記事が複数に分かれると、見直していただく際に手間かもしれませんが、並びや口腔内の条件によって、同じ「歯ブラシ」でも使用法が変わってくるので結果的に整理しやすくなると考えています。

※記事を見直す際に、なるべくタイトルでわかるようにさせていただきます。

追記

力加減を気をつけているけど、つい磨きすぎて歯茎を傷つけてしまう方は

このように毛束の少ないブラシがありますので、歯茎をピンポイントで磨いていただくか

歯ブラシの毛先を歯の先端側に向け、歯茎を強く刺激しないように磨いていただくのも一つです。

大事なのは、しっかり汚れが取れてるかどうかです。

いろいろな方法や道具があるように見えますが、どの写真も同じ部分を綺麗にしようとしている点を把握していただければと思います。

次回は、歯頚部にブラシを当てたあとの動かし方について記載します。

1ページ 2ページ


この記事を書いた人

新井 一徳

昭和60年 12月7日 群馬出身。日本大学松戸歯学部卒業(24歳)

関連記事

新着記事

佐藤大和がエンタメを斬る!

ピックアップ

記事検索

SPインタビュー

記事ランキング

新着記事

トップへ