twitter
facebook
RSS
アツイね!
いいね17

一歩外の世界へ。現実は、役者気取りと呼ばれ。 松本旭平

チャレンジャー: 松本旭平
目標 :Twitterフォロワー数を1万人にする!(最初のページから読む

何故だろうと思うことがある。

それは、良いことより悔しいことや辛いことの方が思い出すことが多いこと。

嬉しいことや言葉も覚えていますが、
こういったコラムなどに書く時は、悔しいことの方が思い出す。

「悔し涙や、辛い涙を沢山流した。これからは、嬉し涙を沢山流せる人生にしよう。」

これは、言われた風に書いていますが、
自分で自分に言ってあげたい言葉です。

去年一年、沢山悔しい言葉を頂きました。

一番言われた言葉。

「元アイドルだもんね。」

元アイドルだから、出来ない事の方が多い
こう言われ続けました。

役者として、見てくれる人はいなかった。

現実も沢山知った。
一歩外に出たら全然見向きもされないんだ、と。

しかし、そこで逃げ出すわけにいかない。
この現実もしっかり受け止めなければいけない。

言葉では簡単に言えても、
受け止めようと思っていても、自分から目を背けたくなる日々が続きました。

今は、昔の自分が居たから今の自分がいて
自信を持って、どんな時代も大切な時間
と、言えます。

様々な言葉を頂けたから気付いたことも
やってやる精神を強くさせてくれた、と思います。

役者としての大きな一歩を、踏み出させてもらえている
ミュージカル「ジパング青春記」

様々な作品、役柄にこれからも出会い
自分も知らない自分にもっと出会っていきたい。

知らない世界が沢山ある。知らない景色が沢山ある。

来年の自分は、どうなっているのだろう。

こうなっていたいと思い描く未来に
進んでいけるよう、今の自分もしっかり覚えておこうと思う。

少しでも気になった方は、ツイッターフォローお願いします。
Twitterはプロフィールから


この記事を書いた人

松本旭平

現在上演中のわらび座「ジパング青春記」全189公演ロングランにて主演を務める。

関連記事

新着記事

佐藤大和がエンタメを斬る!

ピックアップ

記事検索

SPインタビュー

記事ランキング

新着記事

トップへ