twitter
facebook
RSS
アツイね!
いいね11

周りを気にして強がり、落ち込んでいた日々 松本旭平

チャレンジャー: 松本旭平
目標 :Twitterフォロワー数を1万人にする!(最初のページから読む

小学5年生から活動をはじめ、今日は高校時代の話をしたいと思います。

高校生になり、お仕事がなかった日々。

同世代の子たちがテレビや映画に出る度、嫌な気持ちになっていました。

何が違うんだ。
同じ人間なのに、なぜこんなに離れているんだ。

そんな言葉たちを、ずっと自分の心にしまい込んでいました。

「普通」という言葉が嫌いだった高校生時代

お仕事をしていなかった僕は、学校でも芸能活動をしているとは思われておらず
普通の高校生。

普通

そんな言葉が嫌いでした。

学校の子たちでも、芸能活動をしている子たちが何人かいて、
その子たちのお仕事を見ては、落ち込み
そんな毎日。

何かの拍子で、芸能活動をしている事を何人かに気付かれ
お仕事がないことが悔しくて悔しくて

忙しいふりをしている自分に落ち込む日々

お仕事をしていないのに、

忙しいふりをして、
放課後そそくさと帰ったり
ギリギリに登校したり、
とその時は、そんな自分でも満足しちゃっていたのかもしれません。

初舞台の話が舞い込んできた

そんな時、松本旭平の初舞台が舞い込みました。

舞台というものを、あまり知らなかった自分。
まさか自分が舞台に出ると、思ってもいなかったので、
未知の世界でした。

初舞台は、高校2年生の頃。まだ17才でした。
その初舞台については、次の記事で書きたいと思います。

悔しい気持ちをたくさんした分、今の有り難みを感じる事ができているのだと思います。

ただその当時の僕に言いたい。

強がらなくていいんだよ。
周りを気にしすぎなくていいんだよ。

来週は、初舞台からの事を書きます。

少しでも気になった方、ツイッターフォローよろしくお願いします!
Twitterはプロフィールから


この記事を書いた人

松本旭平

現在上演中のわらび座「ジパング青春記」全189公演ロングランにて主演を務める。

関連記事

新着記事

佐藤大和がエンタメを斬る!

ピックアップ

記事検索

SPインタビュー

記事ランキング

新着記事

トップへ