twitter
facebook
RSS
アツイね!
いいね4

目標は「ボクシング映画を2人で脚本、監督、出演で撮りたい」 宮内 勇輝

チャレンジャー: 宮内勇輝
目標 :「ボクシング映画」を2人で脚本、監督、出演で撮りたい(最初のページから読む

はじめまして。劇団フルタ丸の宮内勇輝と申します。今回、このザ・チャレンジャーで記事を書かせて頂くことになりました。
どうぞよろしくお願いします。

準備している活動を公表するのは難しい

これ、とてもありがたいタイミングでした。

正直、僕は自分の水面下で準備している活動を公表することはとても苦手です。

「あ、完成してから見せますので」

ってなってしまうんです。
ならこの企画、難しいんじゃないか?

そう、難しいです。

でも、是が非でも書き続けたい。そう思っているのも本当です。

だって応援して頂きたいから。

完成してから見せますんで・・・とか言っておいて応援されたいんです!

面倒臭い奴ですみません。
でも可愛がってください。
よろしくお願いします。

映画作りに挑戦中!


で、何を応援して頂きたいかというと、

僕は今、映画作りに挑戦しています。

しかもただ一本撮るというわけではなく、同劇団の俳優と「ボクシング映画」を2人で脚本、監督、出演で撮りたい。

これをどうか応援して頂きたいです!

僕、34歳、ボクシングやった事ありません。
最近運動もメッキリなのでかなり鍛えなきゃですし、タバコも辞めていかなくてはなりません。

人生を賭けた一大プロジェクトにしたい!

でも、どうしても作り上げたい。
人生を賭けた一大プロジェクトにしたいんです。

皆さんは映画で釘付けになった事ってありますか?

映画を最後まで釘付けになって観るって凄いことだと思うんです。
そしてそれは、俳優が登場人物の人生を賭けた瞬間を演じ切るから釘付けになるんだと僕は思っています。

1ページ 2ページ


この記事を書いた人

宮内 勇輝

俳優として人生を賭けた瞬間を演じ切りたい。そして釘付けになるような映画を作る為に奮闘中!

関連記事

新着記事

佐藤大和がエンタメを斬る!

ピックアップ

記事検索

SPインタビュー

記事ランキング

新着記事

トップへ