twitter
facebook
RSS
アツイね!
いいね5

母校講演〜SNSによる公言と目標の本質を把握する大切さ〜 坂本翔

チャレンジャー: 坂本翔
目標 :会社を上場させて、世界中の人が正しくSNSを使えるように支援する。(最初のページから読む

自分の目標の本質を把握する

二つ目は、自分の軸を把握するということ。

なぜこれがしたいのか、なぜ自分はこれに興味があるのか、という自分の本質的な部分を理解できていると、今後の選択において迷うことがなくなるという話をしました。

たとえば僕の場合、会社を経営して、通過点の一つとして上場を目指しているのは、「従業員数が万単位の大きい会社を作りたい」「多くの人が知っている商品やサービスやお店を作りたい」という目標があるからで、出版や週刊誌の取材などメディアの仕事や講演依頼を積極的に受けているのは、自分を多くの人に知ってもらうことで、「人生最後のイベントである葬式に多くの人が集まってくれるような生き方をしたい」という目標に通じているからです。

これらの目標につながることであれば、時間が許す限り何でもやろうと思っていますし、逆に言うと、限られた時間の中で、これらの目標につながらないことは避けています。

最近も、全く異業種の事業ができるチャンスがありました。

その事業は、僕が持っている上記のような目標が実現できる可能性を秘めている事業だったので、「やらせてほしい」と即答しました。

この判断軸を一本持っているだけで、チャンスを逃すことがなくなります。

だから、「医者になりたい」「弁護士になりたい」など職業名で明確に目標を持つ必要はなくて、抽象的でいいから自分の本質的な目標を把握しておくこと。そのために、自分と向き合う作業(思ったことを掘る作業)をしてみてください。という話をしました。

何か言葉一つでも、母校の後輩たちに響いてくれていたら嬉しいなと思います。

1ページ 2ページ


この記事を書いた人

坂本 翔

有名レストラン、メジャーアーティスト使用の楽器メーカー、大手食品会社、大手通販会社、著者などのSNSプロモーションや集客コンサルティングを行う「株式会社ROC」の上場を目指して活動中。

関連記事

新着記事

佐藤大和がエンタメを斬る!

ピックアップ

記事検索

SPインタビュー

記事ランキング

新着記事

トップへ