twitter
facebook
RSS
アツイね!
いいね5

「AKBアイドルの恋愛禁止」NEWSについて


芸能人の権利を守る『日本エンターテイナーライツ協会』(ERA)共同代表理事の弁護士の佐藤大和です。

昨夜から今朝のニュースをみると、
元AKB板野友美が恋愛事情を告白“がっつり青春を捧げた”相手がいた!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170916-00000000-tospoweb-ent
「結婚宣言」須藤、久々テレビで「のろけ話」へ 放送前からファン早くも傷心
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00000015-jct-ent

とアイドルの恋愛のニュースがありますね。どちらもAKBグループの話題です。

武井咲さんの件でも話題になりましたが「アイドルの恋愛禁止条項」については、私が今まで見てきた芸能契約書では、本当にごくごく一部の芸能事務所にしかありません。通常の芸能事務所には「恋愛」という文字は契約書に記載はされていません。ただ、契約書とは別に、誓約書や口頭で言われている芸能事務所もあります。

特にこういったアイドルの「恋愛禁止」が契約書に書かれている芸能事務所は、アイドルを中心に所属させている芸能事務所さんがほとんどです。芸能事務所としても、恋愛をされスクープがでたり、結婚をされしまうと、芸能事務所のビジネスや経営に大きな影響があるという考えがあるからでしょう。

もっとも、恋愛は個人の自由と権利であるため、芸能人(タレント)たちが自主的に制限をするならともかく、芸能事務所がそれを強制するのは、自由や権利を侵害していると思っています。この点について、争われた裁判もありましたが、それはまた別の機会に触れます。


佐藤大和がエンタメを斬る!

新着記事

佐藤大和がエンタメを斬る!

ピックアップ

記事検索

SPインタビュー

記事ランキング

新着記事

トップへ