twitter
facebook
RSS
アツイね!
いいね4

「柴咲コウさんが資本金1.7億円のIT企業を設立」NEWSについて


レイ法律事務所代表弁護士の佐藤大和です。

柴咲コウが資本金1.7億円のIT企業を設立(文春オンライン)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170927-00004278-bunshun-ent

報道によると、女優である柴咲コウさんが、「レトロワグラース社」の代表取締役社長CEOを務めているようですね。
そして、なんと所属事務所「スターダストプロモーション」からファンクラブ事業を引き継いでいるとのこと。

元SMAP新事務所「CULEN」勢力拡大も…多ジャンルから“合流”か(デイリー)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170928-00000002-dal-ent

こちらでは、3人にとどまらず、多くのジャンルからの“合流”で、勢力拡大も見込まれそうとのこと。

これは、今までの芸能界にはあまり見られなかった「大きな流れ」ですね。本当に最近の芸能界は、慌ただしい。
芸能事務所からのタレントの流出(移籍、退所)、やタレントのトラブル(刑事問題、不倫等)に留まらず、新興勢力となりうる芸能事務所の設立、タレントの起業(セカンドビジネス)・・・。今の芸能界の問題が噴出し、芸能界に対して、国も法曹界も切り込み始め、他の業種の企業も芸能界ビジネスに興味を持ち始め、新しい波が押し寄せている、そのような印象を受けます。

さて、どうなるか芸能界。個人的にはずっと主張しているように今の芸能事務所も生き残るには、従前のビジネスモデルや慣習を変え、新しいビジネスモデルなどを構築すべきです。柔軟な対応ができる芸能事務所や新しい発想ができる芸能事務所が求められているのかもしれません。


佐藤大和がエンタメを斬る!

新着記事

佐藤大和がエンタメを斬る!

ピックアップ

記事検索

SPインタビュー

記事ランキング

新着記事

トップへ