twitter
facebook
RSS
アツイね!
いいね11

「第2回」会場選び 〜前半〜 公演を創るとても重要な第一歩!!! ツルノヒトコエ

チャレンジャー: ツルノヒトコエ
目標 :9月公演を全公演満席&成功させる(最初のページから読む

まず1つ目 『ステージ』

ツルノヒトコエでは、【キャスト全員で踊る事】がかなり重要な要素になっています。1番盛り上がり、キャストの迫力によってはお客さんと一体になれる瞬間でもあるからです。

このステージは何人で踊れるのか、、
ダンサーの距離感はどうなるのか、、

あまりステージにキャストが乗れず、理想の迫力が出せないと感じた場合は、その時点で厳しいという判断になります。

また客席に関しては、座席によってステージが半分見えない場合もあります。一度客席に座り、どこまでが許容範囲なのかも考えていきます。
お客さんにツルノヒトコエの世界観を伝えたいし、一体感を出す為にとても大切な事です!!

2つ目 『楽屋』

私達の認識は、【楽屋はリラックスする場所】ではなく【戦いの場所】でもあります。

ツルノヒトコエでは、MCを挟みつつ23曲前後を披露します。(詳しくは第一回目のコラムをご覧ください)様々なジャンルのダンスを90分〜120分踊りっぱなしです。そして、衣装もどんどん変わって行きます。

ということは、、、【早着替え】という戦いが裏では待っています。楽屋に入れるだけ、キャストを詰め込むということはしません。

着替え場所があるのか、、
全員座って休める場所があるのか、、

楽屋に入れる人数を確認し、キャストの人数を決定することもしばしば。体を酷使??するので(笑)楽屋はかなり重要視しています!

ステージで気持ちよく見てもらう為、踊る為に色々な会場を見ることが大切です!

〜後半に続く〜

このコラムは、9月30日(土)・10月1日(日)の公演を満席&成功させるという目標を掲げ、それまでの道のりを書いていきたいと思います。

桑原あやね

1ページ 2ページ


この記事を書いた人

ツルノヒトコエ

桑原みずきと桑原彩音が総合プロデュース・出演を務める、ダンスと歌を主体としたレビュー「ツルノヒトコエ」

関連記事

新着記事

佐藤大和がエンタメを斬る!

ピックアップ

記事検索

SPインタビュー

記事ランキング

新着記事

トップへ